chi-poke’s blog

こんにちは!ポケモンの構築記事など紹介します!

s10 最終237位 レアコラオス攻めサイクル

f:id:chi-poke:20201003003256j:image

こんちには s10で使用した構築記事です。

TN ちー

最終順位 237位

最終レート 2009

 

【構築経緯】

上位ポケモン禁止の新環境で未開拓の為

初手の出落ちを極力減らし、こちらのDMを押しつけられる様な構成を目指した。

初手に投げるポケモンから探し頑丈で一撃を耐えて、ボルトチェンジから有理対面を作りに行く事ができ、KP上位に対してもある程度負荷をかけれる「レアコイル」とレアコイルが不利を取る地面、炎に強い「水ウーラオス」を軸に構築をスタート。

水ウーラオスで相手するのが難しいモロバレルやドラゴンタイプと相手のウーラオスにも強い「スカーフサーナイト」を採用。

環境に氷技の通りが良かったのと電気の一環切れる地面枠として「マンムー」。

マンムーが加わった事でウーラオスアシレーヌが重くなり、その引き先となれる「HBモロバレル

最後に地面の一貫を消すのと、DMエースとして「リザードン」を採用して構築が完成した。

 

【個体解説】

 

f:id:chi-poke:20200930000430g:image

レアコイル

@達人の帯

■性格 控えめ

■特性 頑丈

■技構成 10万ボルト ボルトチェンジ こらえる てっていこうせん

努力値 h78 c252 s180

c特化 s準速60族抜き h余り

sは主に襷アシレーヌ意識。

8割近く初手投げしていた。

初手に出してボルトチェンジによる対面操作と頑丈こらえるで相手のDMターンを1匹で枯らしたりと非常に環境に刺さるポケモンだった。

こらえるを採用する事でhp1でも仕事ができるので簡単には切らずなるべく数的有利を取れる様立ち回った。

持ち物はこらえるを採用したかったのとアシレーヌリザードン、ピクシー、ドサイドンなどに対して負荷をかけれるようにタイプ強化ではなく達人の帯で採用。

終盤増えていた「命の玉ピクシー」に対して7割、8割削りを入れて裏のポケモンで処理するルートも取れた。

f:id:chi-poke:20201002005814j:image

◇ウーラオス (連撃の型)

@こだわりハチマキ

■性格 陽気

■特性 ふかしのこぶし

■技構成 水流連打 インファイト 雷パンチ とんぼ返り(冷凍パンチ)

努力値 a252 s252 h4

 

レアコイルから繋ぎ負荷をかけれる様にハチマキで採用。

相手のロトムなどのスカーフ持ちに出落ちさせられる可能性があったので初手投げはせず型判別して裏から投げる事が多かった。

モロバレルラフレシアにはPT的に強く出れる様に組んでいたので交代読みでとんぼ返りを打てるように採用したがあまり使わなかったのでアクジェとかの方がいいかもしれない。

レアコイルウーラオスのバランスがとてもよく使いやすかった。

 

f:id:chi-poke:20200930112854g:image

サーナイト

@こだわりスカーフ

■性格 臆病

■特性 トレース

■技構成 サイコキネシス ムーンフォース マジカルフレイム トリック

努力値 h4 c252 s252

パッチラゴン、ウーラオスモロバレルに強く出れる枠として採用。

ぼちぼち高い特防と素早さのお陰でロトム系統には割と打ち合う事ができた。

受けループを崩す手段が少ないので特殊受けにトリックで機能停止を狙うなどしていた。

刺さる構築にはかなり動かしやすかったがスカーフウーラオスの水流連打で倒されるので型判別して裏から投げる事が多かった。

本当に火力がなかったが役割対象にはしっかり仕事をしてくれた。

 

f:id:chi-poke:20200930112902g:image

マンムー

@突撃チョッキ

■性格 陽気

■特性 厚い脂肪

■技構成 地震 つららばり 岩石封じ 氷の礫

努力値 h4 a252 s252

 

構築で重要な地面枠。

突撃チョッキを持つ事でアシレーヌに対してDM同士でダイアースを連打して撃ち合う事ができた。

レアコイルボルトチェンジで襷を削ったゲンガーを礫で縛れたり、加速したパッチラゴン、オンバーンに対しても強力な打点となった。

岩石封じはPT全体でリザードンヒートロトムが重かった為、レアコイルボルトチェンジから繋げ、DMを切ってダイロックで切り替えせるよう採用。

 

f:id:chi-poke:20200930112911g:image

モロバレル

@黒いヘドロ

■性格 図太い

■特性 再生力

■技構成 ギガドレイン ヘドロ爆弾 キノコの胞子 まもる

努力値 h252 b252 d4

 

クッション枠。

刺さる構築には投げていたがダイジェットマリルリアシレーヌのダイサイコなどで出落ちする事が多かったので様子見できる守るを採用。

選出率は1番低かった。

ミラー意識でクリアスモッグではなくヘドロ爆弾で採用。

f:id:chi-poke:20200930000240g:image

リザードン ※キョダイマックス個体

@命の玉

■性格 臆病

■特性 もうか

■技構成 ブラストバーン 暴風 龍の波動 原子の力

努力値 c252 d4 s252

同族意識で最速。

 

レアコイルのこらえるやモロバレルが守るを採用していた為相手のDMを枯らす事が出来るので初手DMすることも何戦かあった。

ボルトチェンジから繋いで裏からDMを切る事も多々あった。

構築で重い相手のリザードンヒートロトム用にダイロックを入れたのがかなり強く、逆に草技を打ちたい相手のドサイドンアシレーヌにはレアコイルモロバレルが強く出れたのとそれよりゴクエンを打っておきたい場面が多かったのでそこまで不憫は感じなかった。

ドラゴン技はパッチラゴンに対して削りを入れた後に裏のサーナイトマンムーの圏内入れる様に入れていた

 

【基本選出】

レアコイル+ウーラオスマンムーorサーナイト

レアコイルでサイクルを回し相手のDMはこちらのポケモンを1匹切り、レアコイルのこらえるを絡めてターン枯らしラスト1匹でDMで切り替えしていく動きをしていた。

リザードンレアコイルorモロバレル+@1

初手DM切ってレアコイルモロバレルで相手のDMターンを枯らしてラスト1匹で詰めにいく。

 

【後書き】

新環境でモチベーションも高かったのでかなりのポケモンを新規育成しました。

構築を変えてからはかなり高い勝率で自信もありましたが、諸事情で最終日潜る事が出来なかったので最終日前日で2000達成して保存しましたが、環境に刺さると思い採用したレアコイルサーナイトがしっかり活躍してくれて上位ポケモン禁止の環境を楽しめました。

冠の雪原では大好きなコケコをまた使えるのがいまからめっちゃ楽しみです。

今期はひたすら構築に悩んでいたので構築相談に乗ってくれる人や意見交換とかしてくれる人いたら是非お願いします🤲

ここまで見て頂きありがとうございました!

Twitter @chi_01_poke_

f:id:chi-poke:20201004002037j:image